医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科

時間予約制 / お電話でご予約ください

096-379-6945096-379-6945

〒862-0962 熊本市南区田迎2丁目18-12

診療時間診療時間

休診日:木曜・日曜・祝日  ※休診日は研修等で変更になる場合もあります。

MENU

自由診療
MTA

MEDICAL COURSES

MTA

MTA(Mineral trioxide aggregate)は 1990 年台初頭に米国で開発された歯内治療用材料です。諸外国では 1998年以降様々な臨床応用が認められています。

神経を失うことは歯に栄養を送る血管を失うことでもあるので、歯の寿命が短くなってしまいますが、MTAの臨床応用が進むことにより、従来の治療法では神経を残せなかった多くの歯の神経が助けられるようになってきました。
最近の論文では、直接覆髄ケースで、74症例うち70症例が成功しているという報告があります。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1121417117300092

mtm


これまで神経を守る薬(覆髄)のゴールドスタンダードとして使用されている水酸化カルシウム(製剤)に代わる生体機能性材料として注目されています。
他に、逆根管充填、穿孔封鎖、アペキシフィケーションなど様々な用途に臨床応用されるとともに、良好な封鎖性、抗菌性、生体適合性、硬組織誘導能を有することが報告されています。


症例

MTA症例画像

長年使った大きなインレーはむし歯になっていることが多いです。
MTA症例画像

MTA症例画像
外して見ると中の銀歯をくっつけているセメントは汚染されて真っ黒です。多くの食べかすや細菌が入り込んでいます。
この際、唾液の中の細菌が治療している歯の中に入らないよう、ラバーダムをすることが重要です。歯の中の神経は血管を含み、つまり内臓と一緒ですので、盲腸の手術が汚染された状態でオペをすると感染して失敗するのと同じように、神経に近いもしくは神経を触る治療はラバーダムで清潔な状態を保つことが歯の運命を分ける可能性があります。

MTA症例画像
ほとんど神経がみえそうです。慎重にできるだけ無菌状態に近い環境で処置を進めます。歯に着色はありますが、むし歯の検知液の反応とエキスカでの触感で進行が止まっているのを確認して先に進みます。着色部分はこの場合取る必要はありません。

MTA症例画像
接着性の樹脂で隔壁を作成し、無菌状態が維持できる環境をつくり、薬液で消毒します。

MTA症例画像
出血がない、もしくは止まっているのを確認しMTAをいれます。

MTA症例画像
接着性のグラスアイオノマーセメントで仮封し、経過を見ます。

MTA症例画像
レントゲンで経過を追います。

MTA症例画像
一週間後程度経過後、MTAが硬化しているのを確認し、上部を接着性レジンで封鎖します。

MTA症例画像
プロビジョナル(仮歯)を入れ、治癒を待つ間、周囲のむし歯を治療します。
手前の銀歯の周りもむし歯でした。

MTA症例画像
幸い神経を取るようなむし歯ではありませんでした。

MTA症例画像
更に手前の銀歯もむし歯でした。

MTA症例画像
早めに手をつけられたので、神経を取るようなむし歯ではありませんでした。

MTA症例画像
小さい窩洞でしたので、ダイレクトボンディングで直接修復を行いました。
一回で終了です。

MTA症例画像
拡大鏡やマイクロ顕微鏡で詰めると、ほとんど隙間がなく、繰り返しのむし歯になりにくい状況を作ることが可能です。糸ようじも全く引っかかりません。

MTA症例画像
一番うしろの銀歯の中もむし歯でした。セメントが汚染されており、黒くなっています。クラウンを外すときに少し切削したところが白い汚染されていない部分です。

MTA症例画像
かなり深かったですが、露髄はさけられました。

MTA症例画像
とはいえ、かなり深いむし歯だったため、神経を残す可能性を高めるため、患者さんに了承を得て、間接覆髄をMTAにて行いました。

MTA症例画像
かなりむし歯が深いのがわかります。

MTA症例画像
プロビジョナル(仮歯)で経過観察後最終補綴に移ります。

MTA症例画像
MTA症例画像

ジルコニアで最終保達を行いました。隙間がなくピッタリの状況をつくることができました。
MTA症例画像
補綴後です。このあと3~4ヶ月おきのメインテナンスで経過を見ていきます。
(すべての症例は患者さんの了解を得て掲載しています)

副作用
副作用は特にありませんが、文献で、歯の生活力(年齢)により神経がのこる可能性が異なることが示唆されています。それでも多くの場合、神経に達するむし歯は、従来神経を取らざると得なかったことを考えると、とても素晴らしい材料だと思います。
直接覆髄法の5年生存率(5年間で問題の起こらなかったもの)

自費(保険外)治療料金
(全て税別)

MTA

MTA(神経を残す治療)30,000円~40,000円(税別)
けやき通り歯科・矯正歯科

お問い合わせ・ご予約はこちら

096-379-6945
診療時間診療時間

受付終了は診療時間の30分前まで
休診日:木曜・日曜・祝日

※休診日は研修等で変更になる場合もあります。

〒862-0962 熊本市南区田迎2丁目18-12
医院表に10台、裏に10台の合計20台駐車場を用意しています

2018年 12月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

休診日

午後休診

午前休診

16:30の受付まで

電話するアクセス