医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科

時間予約制 / お電話でご予約ください

096-379-6945096-379-6945

〒862-0962 熊本市南区田迎2丁目18-12

診療時間診療時間

休診日:木曜・日曜・祝日  ※休診日は研修等で変更になる場合もあります。

MENU

自由診療
精密根管治療

MEDICAL COURSES

マイクロスコープ顕微鏡による精密根管治療

近年、日本人の歯の健康は徐々に上がってきてはいますが、西日本新聞に2018年8月の記事で取り上げられたように、先進国の中では残念ながら歯の健康度は高いとは言えません。


原因として考えられているのは2つ理由があります。

  • ① 予防処置を小さい頃から受けている大人の方が日本ではまだまだ少ないこと。痛みがなくてもどうもなくても定期的に歯科医院でクリーニングや歯石取り、その時期ごとに必要な歯の健康のための知識を学ぶ習慣がある欧米に比べすくないこと。
    アメリカの7割、スウェーデン・フィンランドは8割の国民が定期的な予防処置を受けているといわれています。今、日本人全体では3割ほどなのではないでしょうか?
  • ② 保険で安い費用で(先進国の1/10の費用)で受けられる歯の治療ですが、使える材料器具に制限があり、長持ちする治療が難しいこと。

特に根管治療(根っこの神経を取る治療)は問題が多いとされています。

東京医科歯科大学の根管治療(根っこの治療)の専門家である須田先生(前教授)が、日本人の根っこの治療の成功率が低いことを確認するために、大学病院で3ヶ月外来の患者さんを調べたデータがあります。根っこの膿の袋の発症率が50-70%です。

つまり歯の種類にもよりますが、概ね成功率が30~50%となります。

データ


これに比べ、厚生労働省2012.7 日本の歯科医師による1年間の治療本数(日本全国で歯科医師が神経(歯の根っこ)の治療をしている数ですが、 初めて神経を取る治療よりも再治療が多いということがわかります。また、これには抜歯は含まれていないため、成功率がかなり低いということになるでしょう。

①神経を取って初めて治療する歯600万本
②再治療750万本

それに比べアメリカの歯内療法専門医による統計的な成功率ですが
Bergenholtz , Orstavik 『Text book of Endodontology §14 Prognosis 』

① 神経を取って初めて治療する歯90%以上
② 神経が死んでいるが、根尖性歯周炎がなく初めて治療する歯90%
③ 神経が死んでいるが、根尖性歯周炎がある歯80~85%
④ 再治療で根尖性歯周炎がない場合90%
⑤ 再治療で根尖性歯周炎がある場合70%
⑥ 再治療で根管の形態が前医により
破壊されていて根尖性歯周炎がある場合
40%

⑥はかなり状況が悪いケースなので除外すると、概ね70~90%の成功率になります。既出のデータでの日本の成功率は30~50%ですので、大きな差があります。統計の期間は違うので、まったく同じ土俵での比較はできませんが、実際の臨床で大きな差があるということは日本の歯科医師の多くが感じているところだと思います。

また、このデータはアメリカの根管治療の専門医のもので、数年の特殊なトレーニングと臨床経験を積んでいますので、日本の一般の歯科医師のデータと単純に比較はできません。ですが、近年、日本の歯科医師たちもこの状況を改善したいと努力を続け、使う器具、術式などを海外のスタンダードなやり方に変え、ある程度専門的な勉強をすると大きく成功率がかわることがわかってきているのです。

① ラバーダムの使用

口の中には、ウンチに劣らないくらい、たくさんのバイキンが住んでいます。
歯の中の神経は血管をおくる臓器です。内臓の手術、例えば盲腸の手術を受けるときに、バイキンがいっぱいついている不潔な状況で手術を受けると感染してしまうため、治りはとても悪いことは想像がつくと思います。歯の神経の治療も一緒で、ラバーダムをつけ、バイキンが極力入って来ない清潔な環境で治療をうけることが成功率を上げるのです。

ラバーダムとパテの写真
口の中の汚れを顕微鏡でみると
バイキンがいっぱいです。 ラバーダムとパテの写真
ラバーダムと隔壁と周囲のシーリングにより、感染をできるだけ排除し、根管治療の成功率を高めます。

しかしながら、以前の私もそうでしたが、日本の歯科治療では、根管治療でラバーダムをつけることはほとんどされていない状況があります。

理由は既出の須田先生の※論文で明らかにされています。読んでいただければご理解いただけると思うのですが、簡単に言うと日本の歯科医師が決して手を抜いているわけでなく、保険治療の根管治療はあまりにも採算があわないというのが実情です。

論文

② ステンレスファイルとニッケルチタンファイル

ステンレスファイルとニッケルチタンファイル

日本の根管治療で主に使われるステンレスのファイルは硬すぎるため根管の中からバイキンを除き、きれいにすることが難しいです。そのため、噛んで痛い、なにもしなくても気になる痛みがあるなど不快症状が残りやすく、根っこの先に膿の袋ができる等が起こる可能性が高くなるのです。

③ マイクロスコープ
(顕微鏡)の利用

肉眼では見えない汚れを、専用のマイクロスコープ(顕微鏡)で確認しながら取ることで、治療の成果を高める事ができます。根管に入った汚れを100%除去することは誰もできません。根っこの病気が治るかどうか?は体の抵抗力と、根管内に残ったバイキンの量によります。できるだけバイキンの量を減らすことが治癒につながるのです。

マイクロスコープ

症例

症例
奥歯の根っこの周囲に膿(ウミ)の袋があり、押さえると膿がでてきます。

症例
レントゲンをとると神経を一部とって(生活歯髄切断)、薬を入れたあとがなんとなくありますが・・

症例
白いプラスティックの詰め物が徐々に隙間が出て、中から薬が漏れ出し、中に食べかすや汚れがいっぱい入っているようです。治療後の被せ物、詰め物の質も大事なことがわかります。

症例
ラバーダムをし、詰め物を外すと汚れがいっぱい溜まっています。

症例
ススのように汚れがいっぱいです。時間をかけてきれいにしていきます。

症例
症例
薬液を効果的に使いながら超音波などの器具を併用しきれいにしていきます。

症例
ファイル試適、どこまで掃除ができるか、確認しながら進めていきます。

症例
根っこに最終的な薬を入れた状態(MTAによる根管充填)
すでに膿の袋が小さくなってきています。

症例
  • 治療前
  • 治療後

膿の袋がきれいに治ってきている様子が伺えます。治癒傾向を確認後、補綴処置(被せ物)を行いました。

副作用
治療中に痛みや腫れが出る場合があります。
詳細については治療にあたって同意書にて説明します。

自費(保険外)治療料金
(全て税別)

米国式精密根管治療(マイクロ精密根管治療)

イニシャル(抜髄)前歯部60,000円(税別)
小臼歯部75,000円(税別)
大臼歯部90,000円(税別)
CT撮影10,000円(税別)

リトリートメント
(感染根管)
前歯部70,000円(税別)
小臼歯部85,000円(税別)
大臼歯部100,000円(税別)
CT撮影10,000円(税別)

根管治療の精度向上のために

けやき通り歯科・矯正歯科では、米国根管治療専門医である、松浦顕先生に研修を受け、根管治療の精度をあげる取り組みを続けております。

研修中のイメージ
松浦顕先生による
けやき通り歯科・矯正歯科での研修風景

根尖病巣が大きかったりファイルの破折などで、歯根端切除など難しい外科処置の可能性がある場合は、根管治療の専門医である松浦先生のオフィスにて治療を依頼し、補綴処置は当院で行うなど、連携診療を行っております。
他院で抜歯と診断された歯でも、残すことが出来るケースもありますので、ご相談いただければと思います。

松浦先生の福岡のオフィスの
パンフレットは以下になります。
松浦先生のパンフレット

けやき通り歯科・矯正歯科

お問い合わせ・ご予約はこちら

096-379-6945
診療時間診療時間

受付終了は診療時間の30分前まで
休診日:木曜・日曜・祝日

※休診日は研修等で変更になる場合もあります。

〒862-0962 熊本市南区田迎2丁目18-12
医院表に10台、裏に10台の合計20台駐車場を用意しています

2018年 12月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

休診日

午後休診

午前休診

16:30の受付まで

電話するアクセス