診療時間

deco

子育て世代の方へ

  • HOME
  • 子育て世代の方へ

「けやき通り歯科・矯正歯科」は、家族で安心して通える歯医者さんですA dentist who can go with peace of mind with his family

「けやき通り歯科・矯正歯科」は、家族で安心して通える歯医者さんです

「子どもが小さいから、歯医者さんに行きにくい」
「子どもは、いつ受診すればいいんだろう」
「妊娠中は、歯科治療を受けないほうがいい?」

お子さんができると、歯科治療についても今までと異なる状況に直面します。そんなときは、熊本市南区田迎の歯医者「けやき通り歯科・矯正歯科」にご相談ください。
当院は、ご家族で安心して通院していただける歯科医院です。お気軽なご来院をお待ちしています。

「子どもがいるから無理……」と通院をあきらめていませんか?

「子どもがいるから無理……」と通院をあきらめていませんか?

お仕事や家事、そしてお子さんのお世話など、お父さんもお母さんも毎日忙しくされているでしょう。そんな中歯科治療を受けたくても、「子どもを置いていけない」「連れていくなんて無理」とあきらめていませんか?

当院では、小さなお子さん連れの方にも安心して治療を受けていただけるよう、お父さん、お母さんの治療中に保育士資格を持つスタッフがお子さんを預かります。託児室で楽しく一緒に遊んでいますので、どうぞご安心ください。

またお子さんに自由に遊んでいただける、キッズルームも完備しています。待ち時間を楽しく過ごしていただければ幸いです。

託児については、
事前にお電話にてご確認の上
ご来院ください。

時間予約制/お電話にてご予約ください

TEL096-379-6945

初めて受診されるお子さんのお母さんへ

初めて受診されるお子さんのお母さんへ

お子さんに定期検診に通う習慣があると、むし歯にかかる率が大幅に少なくなり、かかる医療費も抑えられるというデータがあります。定期検診に通っていると、専門的な予防処置を受けられたり早期治療が行えたりするうえ、「歯の健康」についての関心が高まってブラッシング習慣が身につくことが理由だと考えられています。

つまりお口を健康に保つには、歯科通院が欠かせません。当院では歯医者がお子さんにとって「楽しい場所」になるよう、さまざまな配慮をとっています。

たとえば、お子さん自身が自然にお口を開けてくれるまで、無理にお口の中を見ないこと。また納得して受け入れられるようになるまで、治療を無理強いしないこと。そしてお子さん一人ひとりのペースに合わせて、ゆっくりと環境に慣れてもらうこと。

こういったことを大切に、時間をかけてお子さんと向き合い、当院をまたドクターやスタッフを好きになってもらえるように――。お子さんに楽しく通院してもらえるよう努めておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

食育の大切さ

食育の大切さ

食事とは、ただ食べ物を口に入れてお腹を満たすことが目的なのではありません。「規則正しく、バランスよく食べる」「食べ物に感謝する」「よく噛んで食べる」など、正しい食習慣を身につけることが大切です。

こういったことをお子さんが自然と意識できるよう働きかけていくのが、「食育」です。中でも「噛むこと」は、とても重要だといえます。当院では食育についてのご相談にも対応していますので、お気軽にお声がけください。

噛むことの大切さ

食生活の変化によってやわらかい食べ物が増え、現代人は噛む回数が減っています。しかし「噛む」という行為はお口の健康に大きく関わっており、とても重要です。噛むことによって得られるメリットは、以下の通りです。

  • 自浄作用を持つ唾液の分泌が促され、むし歯になりにくくなる
  • 顎をはじめとするお口周りの正しい成長を促す
  • 顎や舌の筋肉が正しく成長することで、発音を助ける
  • お口周りの筋肉が発達することで、豊かな表情を得られる
  • 食べ物がきちんと噛み砕かれ、栄養の吸収を促す
  • 「噛む」ことで満腹中枢に刺激が伝わり、食べすぎを抑え肥満防止につながる
  • 脳への血流量が増え、心身のすこやかな成長につながる

噛む回数が少ないと、こういったメリットを得られなくなり、お口の健康が悪化してしまいます。意識して噛みごたえのある食べ物を選ぶなど、噛む回数を増やすようにしましょう。

子どもをむし歯にしないために~歯医者に通うタイミング~

子どもをむし歯にしないために~歯医者に通うタイミング~

お子さんの歯科受診のタイミングについて、お悩みではありませんか?
当院では、お子さんの初めて歯科受診は「最初の歯が生えたとき」と案内しています。今後、お子さんの歯のケアをどうしていったらいいかを知ることで、むし歯予防にもつながるからです。

具体的には、お子さんの成長に合わせて以下の3つのタイミングでの受診をおすすめしています。

Timing 01歯が生え始めたとき 今後のお口のケア方法や、生活習慣におけるアドバイスをいたします。
Timing 02乳歯が生えそろったとき 年齢に合わせたブラッシング方法や、ご家族の方による仕上げ磨きのコツなどをお教えします。お子さん自身にケア習慣が身につくよう、アドバイスいたします。
Timing 03永久歯に生え替わり始めたとき 乳歯と永久歯が混じって生えており、デコボコしていて汚れが溜まりむし歯になりやすい時期です。適切なケアや生え替わりのサポートをしていきます。

妊婦さんのための歯科検診

妊婦さんのための歯科検診

「妊娠したら歯科治療は受けられない」と思っていませんか?
そんなことはありません。時期を見計らえば、通常の治療が受けられます。産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなることが考えられますので、タイミングを見て受診されことをおすすめします。

妊娠初期
4か月(15週)頃まで
この時期は、できるだけ歯科治療は控えたほうがいいといえます。歯ぐきの腫れや痛みなどがある場合には応急処置を行いますが、基本的には口腔ケアやブラッシング指導程度しか行いません。本格的な治療は、安定期まで待ちましょう。
妊娠中期(安定期)
5~7か月(16~27週)頃
安定期に入ると、胎児が胎盤に安定します。この時期になれば、ほとんどの歯科治療が受けられます。また妊娠中はお口の中が汚れがちになり、むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、自覚症状がなくても受診してクリーニングを受けましょう。
妊娠後期
8か月(28週)以降
この時期になると、いつ赤ちゃんが生まれてきてもおかしくないといえます。またお腹が大きくなって、診療台に横たわるのもつらくなります。治療はできるかぎり応急処置に留め、本格的な治療は出産後まで待ちましょう。

キッズルーム

家族で通える歯医者さん
熊本市南区田迎の歯医者「けやき通り歯科・矯正歯科」

ご予約はこちら

gotop